自分らしく生きる。

書き出すことで自分らしさを表現出来たら…

モヤモヤしたときの対処法~書いてみる~

こんにちは、きいろです。

モヤモヤしたことがあって、バーっとスマホに書き出してみました。

 

書き出すってやっぱすごい効果がありますね。

なにが見えてきたと思いますか?

 

 

拙い文章…というよりもはやほぼ単語の羅列でした。相手を罵倒するような単語を並べなから、少しずつ頭が整理されていって、スッキリ。

 

そうしたら、私はいかに営業スキルが無いか、どうしたら自分の願いを叶えてあげられるか、そのためには何を伝え、何をしたら良いかが……空っぽであることに気が付きました。

 

 

私は料理が苦手でだいぶ手放してるんですけど、夫はそこにモヤモヤきているようで。

 

結局女は料理しろってこと?!!

とイライラしてたんですけど、でも夫が過去に言ってきたように、、私、努力が足りなかったんですよね。

 

例えば私が本当に頑張ってる姿を見せていれば。その上でも苦手なことであれば、夫も納得したと思うんです。

 

でも夫から見れば私は…

言い訳ばかり、逃げてばかり、工夫もせず、夫の言葉にドキドキし、受け入れられず、すねて逃げてただけなんですよね。

 

料理を手放したことで得た楽さはあるのですが、自分のなかにもモヤモヤがあって。

 

外食がそれほど好きでもなく。(食べる量迷子)

宅食もわりと飽きてしまい。

なんだかんだで手料理が恋しくなる。

 

夫が作ってくれるごはんは美味しいし、私もなんだかんだで量も味も具も好きに出来るから、一人ごはんは自分で用意することがほとんど。

 

家庭のごはんに飢えていたのは私自身でした。

 

夫はそんな私の気持ちを見透かしていたのかなって気がします。

 

夫は料理が得意で、何時間もかけて用意してくれています。私が喜ぶだろうとたくさん考えてくれて。たくさんの愛がこもったごはんだから、美味しく感じるんだよね。

 

だいぶサボってみて、まずは一品で良いじゃんって気が付きました。マルチタスクは私の特性に合ってないので。

 

ごはんの進むおかずをひとつ、作れるようにしたいな。

 

夜勤明けは味失敗するから、やれないけど!

そんなことに気付けて良かったなって思いました。

 

夫と、息子と、私と。

三人で囲む食卓は、時々しか出来ないけど、幸せ度は満点なのです。

 

きいろ


f:id:jibun-kiiro:20180626022751j:image

豚汁うどん、小夏、チーズカツ。

家ごはんは自由で楽しい。