自分らしく生きる。

書き出すことで自分らしさを表現出来たら…

読書が好きでも感想を記事に出来るわけじゃない

こんにちは、きいろです。

国語の成績はいまいちでした。

それでも読書は好きです。

そしてブログ書くのも好きです。

 

ブログを始めてやろうと思っていたのは、読書の感想を記事に綴ること。

 

ちょこちょこ本を読んでるのだけど、Twitterじゃそんなに感想書けないな。ブログならしっかりまとめられそうー!

 

…出来ませんでした。

 

私の読書って意味ないのかな。自己啓発は読み込んで実践すれば成果が出るって言うけれど、繰り返し読まないし。次から次に一回ずつ読むことに、なにか意味があるのだろうか。

 

堀江さんの本に「読書は時間が取られすぎる」という一文があったけど(読書批判ではなく続きがあるけど)、私は時間を無駄にしているだけじゃないか。

 

読書はいい、とかよく見るけど、そんな良いもの?

 

なんて考えたりもしました。

 

で、最近Twitterで見かけて気になる本をKindleで買って読むようになって、著者を意識するようになりました。

 

やっぱ読書って面白い。

 

Twitterから情報を得てTwitterに発信していく。

やってたら、やはり思考の一部になっていて、こうして記事を書いてる間も「あの人ああ書いてたな」なんて思い出したりします。

 

時間をかけてムダなことなんてなくて、どこかで自分の身になっている。それを引き出せるか、利用できるか、見つめ直せるかなんだなぁと感じました。

 

ブログでの思考に引用した本を最後に挙げるスタイルも、読書ブログになるのかな。

 

きいろ

 

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った (角川書店単行本)

今回の一文はこちらの本から。堀江さんってこんな本読むんだ~とか考えながら読んでました。