自分らしく生きる。

書き出すことで自分らしさを表現出来たら…

年末年始だからって一緒にいなくてもいい

こんにちは、きいろです。

年末は夫婦共にイライラモード。お互い思いやる余裕もなく、「これはダメだ」と私は息子と実家に帰ることにしました。

 

私はのんびり、夫は気ままに過ごしました。

 

再開後はイライラが嘘みたいに普通。

夫のことばに優しさを感じ、のんびりと優しい気持ちで過ごすことが出来ました。

 

ほんと満たされてるとおおらか。

 kiiro.hatenablog.com/entry/2017/12/28/21

離れる時間も持ってよかったです。

 

私にとって夫は一番身近でストレスの捌け口となりがちな存在。夫にイライラするときは、確実に疲れてる証拠。

 

「あ。ダメだ。離れたい」というときに、離れる場所、甘えられる場所があって、私は幸せものだと感じます。

 

確実に言われるだろうと予想していたけれど、やはり言われた「夫くんはいつ来るの?年末年始一人じゃ寂しいでしょ。」という母からのコメント。「ごはんはどうしてんだ」という父のコメント。

 

いや、稼いでる大人なんだからごはんくらいどうにかするし(夫自炊出来るし)、年末年始だからって一緒にいなきゃダメってことないし、一緒に過ごす=幸せでもない。

 

年末はみんなで集まって豪華なごはん食べる。

年始は親戚一同集まって会食。

 

そんな風に過ごす実家だったけど、母からは「ごはん面倒。親戚付き合いしたくない」という愚痴を散々聞いて育ったこともあり、集まりたくなくて早々に年末年始に帰省することを止めていた。

 

昔の教育の流れなのか画一的な過ごし方をし、混雑のなか大移動をし、なんだか疲れそうな年末年始。

 

私たちはこのまま気楽にやりたいようにやってきたいなーと思う。

一番優先したいのは家族みんなが楽しく過ごせることだから。

 

きいろ


f:id:jibun-kiiro:20180103061341j:image