自分らしく生きる。

書き出すことで自分らしさを表現出来たら…

ストレングスファインダー1位は共感性でした

こんにちは、きいろです。

今月は読書など自分が気になるものを買って読んだりやってみたりしています。

 

今回はストレングスファインダーをやってみました。

 

本を購入して記載されているコードを入力するか、コードのみ購入するか。またコードも上位5位だけ買うか全34種の順位がわかるものを買うか。

 

今回本は難しいという記事を読んで、上位5位のみのコードを購入しました。19ドルくらいです。

 

一位は共感性でした。

え?と意外だったのですが、読んで考えてみれば…当てはまるかも、と気付きました。

 

感情からくる雰囲気を察する

思い返すと両親の雰囲気の悪い食卓にすごく嫌気を感じたり(実際に言い合っているわけではない)、夫のお疲れオーラを感じたりすると、めちゃくちゃ疲れてしまいます。

 

本人に聞くとそんなつもりはないそうで、当人も無自覚の雰囲気を察してしまうようです。

 

反対に楽しい場に行くと楽しい。

自分はお酒は飲めないし、合いの手担当という感じで自分から話題を提供するのは苦手なのですが、周りの楽しそうな雰囲気で、とても幸せ気分になれます。(ただ、社交的な場もずっといると疲れてしまう内向型 笑)

 

買い物も実際に買うよりお店の雰囲気を味わうのが好きなのですが、これも共感性の特性なのかもしれません。

 

気持ちに寄り添う

これは息子のことを考えると、「あ。当てはまる」と感じます。

息子の泣き声にわたしは物凄く消耗してしまいます。他の子よりも声が大きいのもありますが、とにかくしんどい。イヤイヤ騒ぐ声もツライ。

 

仕事だとそこまででもないのに…と不思議なのですが、息子への感情移入が人一倍強いのかもしれません。

 

泣かないように泣かないように、息子の気持ちを夫に代弁して息子がイヤイヤ言わないように、という子育てをしていることに気が付きました。

 

いいね、が多い

人の話を聞いて寄り添ったり応援したりするのも共感性の特徴のひとつです。

 

Twitterで「こんなのやってみようかな」「わたしの個性ってなんだろう」「これがつらい」など見ると、応援したりいいねしたりしている自分がいます。

 

他の方の意見を見ると、わたしの言っているのは表面的でキレイごとばかりな印象。ほんとに響くのはこういうことじゃないんだろうな…なんて感じます。

 

仕事をしていてもどの意見もいいなって思えて、批判したり反対意見を出したりすることは、ほぼありません。

 

「もっと自分の意見を言って欲しい」なんて言われたこともありますが、、、だってどれもいいんだもの。

 

自分はぼんやりとしたビジョンは持っているものの、具体的に考えるのも意見を戦わせて場の雰囲気が悪くなるのも苦手。

 

もっとわがままでいいんだよ、と聞いて実践しようとしたけれど、どうも出来ない。このまま疲弊していくのかな、と思ったけれど、わたしは何よりも場の雰囲気を良くすることにこだわっているのだと気付きました。

 

以下共感性の説明文の一部です。

あなたには言葉に表せない問いかけが感じられます。あなたは人々が必要としていることが分かります。他の人が言葉を探して苦労しているとき、あなたには適切な言葉や適切な言葉のトーンが自然に出てくるのです。あなたは、人々が自分の感情をうまく言い表せるように手助けします。あなたは、彼らが感じていること
を表現するのを手助けします。この素晴らしい力によって、人はあなたに惹かれるのです。

 

こんなこと言ってもらえると嬉しい♪

わたしは周りの人に恵まれてて、気付いたら誘ってもらっているのですが、それはわたしの力なんだなぁと自信を持つことにします。

 

ストレングスファインダー、もっと読み込んでワークもして、自分のものにしていきたいです!楽しい!

 

きいろ

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

本はこんな感じみたいです。上位5位がわかるコード付き。中古じゃなくて新品じゃないと、もうコードが試されていて、テストを受けられないこともあるそうで、気を付けて下さい。

 

わたしはストレングスファインダーで検索して、公式ページでコードを購入しました。