自分らしく生きる。

書き出すことで自分らしさを表現出来たら…

サボっていても評価は下がらないし仕事は回る

こんにちは、きいろです。

仕事はかなりまったりとしております。

 

一番大事な部分を押さえて、必要なときに必要な力を発揮するようにしているため、周りからの評価も高いです。

 

以前はセンパイ方からの評価は低かったんですけどね。「汗水流して働くのが仕事」と思っていて、やっちゃいけないことをやってたり、一番大事なことがわかってない人は、イヤな気分で、わたしを見ていたようです。

 

抜けるとこは思いきり抜くからこそ力が発揮できる。そんな意識を持っています。

 

そうやって余裕を持って眺めていると、適材適所で仕事は回っているなぁと感じます。

 

・テキパキ動く人

・全体を見て的確な指示を出す人

・仕事は苦手だけど文句を言わず指示に従う人

・時間外に自分のやりたい仕事に取り組む人

・不器用な人

・肝心の部分をわきまえてる人

・重いものを運んでくれる人

・整理整頓が好きな人

 

色んな人がいて、それぞれが個性を発揮していれば、良い具合に仕事が回る。得手不得手があるのは当たり前。

 

広い心を持って仕事に取り組むには、頑張りすぎないことが大事。

 

今のメンバーはお互いの雰囲気も良いので、外部からも良い評価を頂いています。

 

休み希望をいっぱいもらったり、「時間までいるのが仕事」なこの職種において、初の時短を使っていられるのも、良いメンバーに恵まれたから。

 

今育休の人がいっぱいいるので、いいお手本になれるように、楽しい姿を見せられたらいいな。

 

周りに感謝しながら自分の得意分野で楽しく頑張りたいと思います。

 

きいろ

 

 

働かないアリに意義がある (中経の文庫)

働かないアリに意義がある (中経の文庫)

 

 

 この働きアリの2対6対2の法則は日頃から意識しています。働かない人がいるのは当たり前。組織はそうやって成り立っているんだなと感じてます。