自分らしく生きる。

書き出すことで自分らしさを表現出来たら…

楽を選ぶ

仕事と育児家事をしていて疲れ果てたとき

注意力が散漫だった。

息子が椅子から落ちそうになったとき

パッと駆け寄ることが出来ず

ボーッと眺めるしか出来なかった。

夫が支えてくれて何事も無かったのだけど

危ないのになにもしないなんて!

と怒られた。

 

それが精神科に通うきっかけになった。

 

楽を選ぼう

無理はやめよう

じゃないとわたしはつぶれてしまう 

 

休んでいる2ヶ月の間

ほとんどソファで転がって過ごした

少しずつからだとこころが回復した

 

休むってこういうことか

こういう時間って、なかったな

 

育児の姿勢も見直すことにした。

 

 

わたしは親であって責任は負わなければいけないものの、息子は他人。

 

何かさせようとしてもイヤイヤ言われるので

注意し続けるのも疲れ果ててしまう。

 

「○○しなさい」

をなるべくやめることにした。

 

息子が風呂を嫌がったら誘わず先に入って待つ

 

それでも来なかったら汗かいてなきゃ毎日入らなくてもいっか、って思うことに

 

息子がまだ動画を観たいと言ったら

隣で読書などして待つ

 

なるべく自分で考えて動いてもらって

命の危険があるときだけ止めることにしたら

ずいぶん楽になった

 

長い長い育児

長い長い仕事

いつもそこにある家事

 

今も気付くとバタバタしちゃうので

たまに息子が呼んでくれたり

夫が止めてくれてりして

休むことがある。

 

自分一人だとどうも休むのが下手らしい。

 

仕事もなるべく人に任せるようにしてるけど、

なにかやる方が性には合っているようだ。

 

疲れやすいのを自覚して

楽を選ぶ

練習舞台はたくさんある。

少しずつ

少しずつ

無理しないで


f:id:jibun-kiiro:20171007125357j:image