自分らしく生きる。

書き出すことで自分らしさを表現出来たら…

親にお願いする

出産前。産後と育児を完全になめていたわたし。家の事情もあるけど里帰りは無し。産後どうなるか考えもせず、特に異常の無い、平和な妊娠生活の末、安産。産後のハイが続き、ホルモンバランスの異常もあり、眠れず、母子同室生活が始まった。

 

…赤ちゃん…こわ…

 

母乳が出なかったので、言われたようにミルクをあげ、オムツを替え、抱っこして揺れたり歩き回ったり…

 

泣く

 

音流してみたり空調調節してみたり…

 

泣く

 

出ない母乳を吸っている間のみ泣き止むが

寝ない。一晩中授乳体勢を取るので、切開した傷が痛み、助産師さんに泣き付くも「ママに甘えているのね」の一言。

 

入院中他のママたちと食事だったのだが、こんなに泣いてたのはうちの子だけらしく、他の子は普通に授乳の間寝ていたそうだ。

 

恐怖を抱え退院。

一対一で子どもと過ごす時間は恐怖しかなかった。母がよく来てくれて、合間に寝ようとするのだが、寝れない。

からだもこころもボロボロになり、一月経つと肺炎に。実家に帰ったが、こころが休まることはなく、退院後一週間で哺乳瓶を拒否したわが子と、あまり出ない母乳で、一日中授乳体勢の生活は続いた。

 

夫に、親に、周囲に

どう甘えていいか

なにをして欲しいのか

わからなかった。

 

そんなよくわからない状態で育休生活は終わり。復帰して一年で再び体調を崩し、休業。

 

子どもは保育園、自分は休みの生活を過ごすうちに、なにがしんどいのか、考える余裕が出てきた。もっと色んなことを手放していいと知った。

 

先日母に来てもらい、仕事中に、家事をお願いした。帰ってからも子どもとのお風呂の手伝いをお願いした。

 

すごく楽だった。

 

頑張りすぎなんだなって気付いた。

どんどん甘えて、楽をしたいなって思う。

親に遠慮することはないんだなぁ。


f:id:jibun-kiiro:20170929073747j:image