自分らしく生きる。

書き出すことで自分らしさを表現出来たら…

家事と暮らしはどうありたいか

こんにちは、きいろです。

「家事・育児を外注して、空いた時間は自分のやりたいことをする。」

 そんな暮らしかたを知りました。

 

わが家も導入しようかな、どうやって取り入れようかな、と考えてみました。

 

しかし。知らない人が家に上がることに嫌悪感を抱く夫を説得するほど外注の熱意がなく。

家事の簡素化を図る方が現実的で良さそうです。

 

料理

料理が苦手だから仕事の日は宅食を開始。

夫は高齢者向けじゃない?高くない?と心配していたが、今のところ美味しく頂いている。

そして、これは、楽!!!

わたしのなかで、仕事後食事に頭を悩ませ、ぐったりすることが無くなったのは、とても大きい。時々レトルトや冷凍を使いながら、少しコストを抑えつつ、続けていこうと思います。

 

洗濯

洗濯はたくさんあると苦手。色柄分けて、とか手洗い、とかは面倒。全部洗濯機に任せ、回すのは1回。毎日している。集中してやれれば苦では無いのだけど、仕事後取り込むのは疲れちゃうから回数減らそうかな。

遅くなる日は、母を呼んで子どもを見てもらうので、その日は掃除と洗濯物を取り込んでくれる。感謝。

 

掃除

掃除はやる気が起きないとやらない。ただお風呂場だけはやらないと汚れがツラくなるので、床掃除よりは頻度が高い。泡スプレーして流すだけでザラザラせずキレイになる洗剤って無いかな?風呂掃除を楽に、と検索しても、皆さん毎日ちょこちょこやっていらっしゃる。すごい。。

自分がいるときにプロにお任せの日を2ヶ月に1回とか試してみようかな。夫に相談してみようかな。

 

 まとめ

家事のこと、ぼんやり考えてみたけれど、休みの日に気の向くままに、おうちのことに取り組むのは、嫌いじゃない。

 

お金持ちは空いた時間で色々考えるみたいだけど、自分の今の状況で、そんなに考えることもない。

 

色々知りたい、やりたい、ということもなく、のんびり気ままに過ごせたら、それが幸せ。

 

一生収入が保証されてるわけじゃないけれど、将来を悲観したところで、仕方がない。今あることに目を向けて、心地のよい暮らしを送りたい。

 

そう思いました。

 

きいろ


f:id:jibun-kiiro:20170926133716j:image