自分らしく生きる。

書き出すことで自分らしさを表現出来たら…

祝100記事!今思うこと

こんにちは、きいろです。

ついにこれで100記事達成です!

今までなにを考えながらブログを書き、今後どうしていくか、まとめたいと思います。

 

とにかく書く

「ブログやっててよかった」

そんな話を見て、知識ゼロで始めました。

 

はてなにしたのは、見ていたブログにはてなが多かったから。無料で始めたのは続かないかもしれないし、という弱気な自分からでした。

 

ブログアカウントも作り。少しながらブログについての知識を得ていく内に、ブログを初めてまもなくでも、桁違いのPVを叩き出していたり、何十万と得ている人がいたりすることを知りました。

 

そんな人のブログを見ると、分かりやすいし、見やすいし、お薦めされたものを使いたくなる。

 

これがブログで生きていくってやつか。

そう思いました。

 

わたしはブログでどうしたいのか。

わたしはなにを書きたいのか。

どんな思いを抱えているのか。

 

なんでもいい。とにかく書こう。書けばわかるさ。上手い下手なんて気にせず書いていきました。

 

書いてどうだったか

ブログで稼ぐには技がある。

そこを追及しても成功者はほんの一握り。

稼いでいる人のところにアクセスしやすいから、成功者を多く見かけるけど、そんな簡単な世界じゃない。

 

書くジャンルも絞られている。

そればかりについて研究し、構成を考え、人に響く文章を練り上げる。

 

書く=仕事にしたいか。

考えてみると、わたしはそんなにハマるものもないし、人に響く文章を考えることも苦手だ。

 

仕事というなら、今雇われものでやっていることの方が好きだ。対面でお金のことなど難しいことを考えず、一人一人と付き合っていく今の仕事が。

 

「単純作業はAIに淘汰される」「今の仕事はどんどんなくなる」と言われているけれど、楽にしたい部分はどんどん楽したいので、参入賛成。

 

でも、わたしの仕事はきっと無くならない。雇われもので無くなったとしても、需要があってやっていけるという、謎の自信がある。

 

そんな自信が付いてきたのは、ブログをきっかけにたくさんの情報に触れ、フリーランスで生きていく人を見ているから。

 

書こうと思えば書ける。なにも浮かばなくても開いて打ち始めれば、書くことを継続している。そんなことも自信に繋がった。

 

自分で書く内容についてルールを設けず、思い付いたことを書き連ねてきてよかった。

それが自分らしさになっている。このブログのタイトルのように。

 

今後はどうするか

まずはクロネさんの100記事シリーズのラストを読む。そして、今までの出来てないことに取り組みたいから、有料に挑戦してみようかな、と考えています。

 

自分で100の記事を振り替えって、繋げたり書き直したり、自分は一番なにについて書いているのか、なにを考えているのか、発見したいと思います。

 

新記事はペース落としてもいいから書いていきます。とりあえずなんらかの形で毎日自分のブログにアクセスしたい。

 

このブログのタイトルに込めた「自分らしく」生きたいという思いは変わりません。あと「楽に楽しく」かな。

 

毎日見てくださる方がいるのが、とても嬉しかったです。ありがとうございます。

そして、これからもよろしくお願いします。

 

きいろ


f:id:jibun-kiiro:20171216074136j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外食という選択

こんにちは、きいろです。

外食は全然ない家庭で育ちました。

短時間でぱっぱと出す母はほんとにすごい。

 

一方夫は買い弁、外食の多い家庭育ち。

すぐに「外食しよ」という夫に結婚当初は違和感がありました。

 

家で作った方が安く済むし…

家計簿見ては、外食の高さに衝撃を受け、月に1回とデートの日だけ、というルールを作りました。

 

仕事を終えて帰ると、わたしのが家につくのが大体早いです。そうすると料理する率が高いのはわたし。

 

毎日毎日大変でした。

 

献立を考え、買い出しをし、買ったものを片付け、調理して、お皿など洗って、乾いたら片付ける。

 

ごはん一食でやることがたくさん。

 

朝御飯に昼御飯、一日三回分のごはんにかけるやることの多いこと多いこと。

 

そんなとき、ふと思ったんです。

 

外食はお金がかかる。

 

でもたくさんの手間を飛ばしてくれる。

 

時間や手間を買うという意味も、外食にはあるんだなとわかりました。

 

実家では母はずっと動き回って適当ごはん。

外食すると皆で席に着いて一緒に食べれる。

そんなのもいいな

 

きいろ


f:id:jibun-kiiro:20171215191217j:image

 

 

子どもの服や靴はどんなものを何枚持つか

f:id:jibun-kiiro:20171214105925j:image

 

こんにちは、きいろです。

すっきりした部屋、良いですよね。

モノがないと空間が生まれる。

 

ミニマリストの部屋を見ては、いいなぁ( ´ー`)って思います。

 

一時期どんと断捨離に励んだこともあったのですが、とりあえず長期戦で少しずつに落ち着いています。(kiiro.hatenablog.com/entry/2017/11/18/203838)

 

昨日今日とモノを手放したので、今日は子どもの服を少し整理したいと思います。

 

わが家の子供服事情

後輩が「なんでもちょうだい」と言うので渡してます。使用感ゼロのものは売りにいったりします。メルカリは夫が担当です。わたしは梱包したりするのが面倒なのでやってません。

 

何枚が適切なんだろう。

パジャマ各2(綿キルト、綿長袖、綿半袖)

肌着各6(袖無し、半袖。長袖は昨年あって今年は迷い中)

Tシャツ半袖長袖各8

トレーナー8

ニット2

パーカー3

アウター厚手2、薄手2、中間2

スボン各8(半、長、裏起毛)

室内での羽織2

靴1、クロックスもどき1

 

という感じです。

アウターはもらうことが多いのですが、、自分何気にこだわりあるんだなと気付きました。

 

靴は1だとややヒヤヒヤするのでもう一足買おうか…と思ってるうちにサイズアップしそうです。夏は2足体制でした。(水には入れるのと、スニーカー)

 

服は多いんだろうなと思います(^^;

サイズが大きくなってきて、今の保管場所がパンパン。大体6に収めようかと思います。

(が、100は長く使えそうなのでもうしばらくこのまま)

 

子どもの服は遊びやすく脱ぎ着しやすいものがいいと思っていて、ジーパンGジャンはもらってもすぐ手放します。

 

フードは無し、アウターもモッコモコでない薄手のもの。ストレッチが効いてるもの。

 

靴は甲を支えてくれないタイプは嫌で、可愛いけれどスリッポンやブーツは履かせません。クロックスもどきは宅配便のときとベランダ使用としています。

 

わたしたちがnew balanceを愛用しているので、子どももN996です。ネイビーです。買い物すぐ終わります。

[ニューバランス] スニーカー FS996 キッズ ベビー ネイビー 16.5 (現行モデル)

 

靴底に足の絵が付いているので、それより大きくなったら換え時だなってすぐわかります(^^)

甲がガバッと開くので脱ぎ履きしやすいのも嬉しい♪

 

子どもの好きなカーズの靴をもう一足にしようかと思ってますが、サイズが見つかりません。まぁいいか~と流してます。

 

ネットを見るとおしゃれな子多いなぁって思いますが、どうしても動きやすさを追及してしまうわたし。夫にもしっかり伝わっていて、夫が買ってくるものは納得いくものばかりです。

 

他の子が着ている分には可愛いなぁって思うので、「これじゃダメよ」なんて思ったりしません。

 

なにを選ぶかは人それぞれですもんね。

そのうち自分で選ぶんだろうなぁ。

自分で選んで管理するようにしたいとは思っていますが、いつになるかな。

 

小さい服も靴もかわいいので、大きくなると成長を感じます。もうすぐベビーコーナー卒業かぁ。。

 

きいろ

 

 

 

2017年をふりかえる

f:id:jibun-kiiro:20171213070452j:image

こんにちは、きいろです。

ムーンプランナーに2017年をふりかえると良時期と書いてあったので、ぼんやり思い出してみることにしました。

 

・息子の看病に明け暮れる

・看病もういやーってなる

・力尽きる

・休む

・休み方を知る

・ブログ開始

・コンサル受ける

・ブログ読んだりKindle始めたり仮想通貨に興味を持ったり(申請中)書き出す面白さに気付いたりする

 

こんな感じです。ちょこちょこ始めることがあり、夫への考え方、子育てへの考え方を見直すようになりました。

 

いかに「やらなきゃ」に縛られていたか。

やらなきゃいけないことなんてない。手を抜いていい。自分が楽で楽しく笑顔で過ごせるようなことを優先したい。そう思うようになりました。

 

わたしは国語は苦手です。たぶん長文を読み取ったりが苦手なんだと思います。要約苦手なので人との会話にはまとめ役が欲しいです。

 

この苦手部分を補ってくれる方との会話はとても面白く、わからないことは、その人に積極的に聞くようにしています。

 

精神科への門も開きました。

しんどいときはしんどい、休んで良いことを知りました。

 

自分が無理してたことも気付きました。

周りは家事も育児も仕事もなんでもこなせる人が多い。自分はなんでこんな楽しくないんだろう…

 

と思っていましたが、人は人、自分は自分。

周りがどのような状況でなにを考えてるかなんてわからない。気にせずにいこう、自分のことだけ考えよう、と思うようになりました。

 

いかに家事育児仕事を楽にするか、自分がやりたいとこに時間を費やすか考えるようになりました。

 

まだまだ未熟でイライラすることも多いけれど、なかなかいい一年だったと思います。

 

来年はどうなるやら。

 

きいろ

夜勤をするかしないか

こんにちは、きいろです。

夜勤をするかどうか、もうすぐの通院で決まります。夫にも言われましたが、結局自分で決めることになるので、考えました。

 

欲しい収入については、以前考え、やっぱ今より欲しいという結論に。


働き方を変えて自分が欲しい額に気付く - 自分らしく生きる。

 

なにかを得るには、なにかを手放さなければいけない。

そんなことばをよく目にします。

 

夜勤を手放せば、規則正しい生活が手に入るが、収入は減る。

 

夜勤をすれば、不規則な生活になるが、収入と昼の自由な時間は増える。

 

睡眠と引き換えに時間とお金を手に入れ、健康を手放すことになります。

 

お金を増やす方法は今のご時世夜勤をせずともありますが、労働者である以上、夜勤手当以上に大っぴらに稼ぐのは難しい。

 

自分はなにを優先したい?

 

 

今はお金と自由な時間をもっと増やしたい。

 

夜勤をやっていた頃の方が家のこともお出掛けも、もっと出来ていました。その頃にもう一度戻りたいなと思いまして。

 

しんどいな、休みたいなと思ったら、わりとすぐ休めるものだと知ったので、しんどくなったらまた休もうと思います。

 

今、自分がどうしたいのか、こうやって日々向き合っていこうと思います。

 

きいろ


f:id:jibun-kiiro:20171212102521j:image

 

2歳後半で授乳したっていい

f:id:jibun-kiiro:20171211072520j:image

 

こんにちは、きいろです。

授乳歴が日々更新されております。

終わりは全く見えません。

昼は落ち着いてきたかな、、?

 

周りは順調に卒乳してます。

どんどん小さい子と共に授乳することに…

「まだ出るの?」とよく聞かれますが、息子のみぞ知る…感じです。

 

産後すぐは全く出ませんでした。

産院の授乳室で周りのママたちが「胸張ってつらい」「なかなか吸ってくれない」と悩む一方、息子は出なくても何時間でも吸っていました。

 

最初はミルクを普通に飲んでくれるのでよかったのですが…!退院まもなく哺乳瓶拒否が始まりました。

 

まぁつらい。

 

夜な夜な一人で起きて対応。

昼もわたし。

母ぞっこんな息子。

 

誰にも頼れない恐怖みたいなのがありました。

もっと気にせず頼っていけばよかったのですが、「一人で頑張らなきゃ!!」ってなってました。

 

恐ろしい閉鎖空間とホルモンの影響…!

夫は家に居心地悪かっただろうなぁと思います。

 

さて、授乳。吸うの上手な息子なので、胸にトラブルは全くありません。ありがたい。

 

飲むと、いかなるときも精神が安定します。偉大です。

 

夫や親にいつまで吸うの?と言われてますが、一旦やめようとしたことは何度かあったんです。

 

無理でした(ヾノ・∀・`)

 

色々調べては実践しましたが、「そこにあるのになぜ?」って感じみたいです。

 

頑張りましたが辞めました。

「やめろというならしばらく預かってくれ。わたしは一人バカンスを楽しむ」と伝えてます。

 

育児は大変。親はすごく頑張ってる。

育児して初めて分かりました。

 

「もっとちゃんと」って思っている方、専業、兼業問わずいっぱいいると思いますが、無理です。もうすでに凄すぎるレベルです。

 

いかに楽をするか、いかに自分を楽しませるか、親である自分と周りを信じられるかだと思います。

 

子どもを預けてデート

子どもを預けて友人のランチ

子どもを預けて好きなだけダラダラ

 

いいんです。

そうやって自分を労ることがとっても大事。

いかに自分を許すかが、日本の子育てに問われているのかな、と感じます。

 

まぁわたしも練習中なのですが、、(笑)

パパママ(まだ大多数がママかな)が楽しく子育て出来るよういかに楽をするか。わたしたち世代で少し変えていけたらいいな。

 

きいろ

 

久々にカラオケ。やっぱ歌うのが好きだ。

こんにちは、きいろです。


f:id:jibun-kiiro:20171210162937j:image

以前書いたように 産後好きな歌番組を観ていませんでした。


大好きな歌番組も産後は我慢してた。 - 自分らしく生きる。

 

でも、観たらやっぱ好きでした。

上手い下手とか気にせず、とにかく歌って踊って楽しむのが好きです。

 

そんなわたしの姿を見て、夫も嬉しいのか、よく番組をチェックしてくれてたり、ソファで眺めたりしてました。「原曲聴こえないww」とか言いながら。

 

今日はカラオケに行って、ひたすらノリのいい曲を一時間熱唱。あっという間でした。心地よい疲れも。

 

以前なに歌ってたか忘れちゃったし、一昔前の歌しかわかりません(笑)「この人キレイになったなぁ」なんて見るのも楽しかったです。

 

少しずつ歌い始めて、「あ!これだ!」とか「これキー高い!!汗」とか思い出しました。

 

女の人の歌は大体高い。レミオロメンのスタンドバイミーやNICO Touches The Walls(綴り違ってたらすみません)などは清々しく歌えます。

 

最近はカラオケでママ会出来る、ファミリールームのあるお店も増えてるみたいですね。

個室で防音だと周りに気を遣わなくて済むし、小さく遊具があって、子ども向けの歌を流せば2歳児もみんなノリノリ。

 

ママたちはたくさんおしゃべり出来て良いみたいです!

 

ただ、カラオケルームの空気ってタバコ臭いとこもあるので、わたしはまだ子連れでは行っていません。

 

完全禁煙、空気清浄機付の部屋とかもあるのかなぁ。

 

きいろ